今年も夏が過ぎてゆく

いろいろありすぎてないから書けばいいのかわからない。

ただ「osirasekita.log」という名前を付けたからたまには更新しよう(年一回)

最近は昨年所属したUSAGI Productionの一員としてvTuberにかかわらせていただくことが多く、

CD作ったりリリイベしたり

AZKiさんのMVを作ったりしています。

自分のメインとしているVJ/映像制作とは別に、インターネットに作った曲をアップロードし続けていたらMOGRAでDJすることになったりもしました。

やらないといけない事とやりたい事で一杯いっぱいになりつつも、いろんな人に支えていただきつつなんとか楽しくやっています。

色んなことが繋がってアイカツ!/アイマスのアニON!でVJしたりもしてて、何年か前のわたしに伝えても信じないだろうなと思いつつも、

一番信じないであろうことは「デスクトップのWindowsマシン導入してるよ」だと思います。

1つ前の記事のSSDを買った後、MBP15も導入したのですが今年の夏前にWinも…

ここまでがっつりAE使うことになるとは思ってもいなかった。

正直趣味なんて尽きていくのかなと思っていたのですが、世の中には面白いものが無限にあるね…

正直に告白するとこの記事もキユっちに借りたErgo42が使ってみたかったら

キーマップちょっと弄って割と使える感じにはなってきたかも。

自分で組む分には左右分割考えてなかったけど結構いいな…レツプリかな…

 

時代の進化ヤバくね?(ポータブルSSDを導入しました)

DSC04756

Samsung Portable SSD T5 1TBを買いました。

500GBでいっかな〜って思ってたけど、今の時点でVJ用の素材が200GB、曲作るためのサンプルが40GBあったのでこれはすぐ埋まるな…って判断です。

黒の方がかっこいいし(重要)

DSC04777

サイズ感は見ての通り、しかもびっくりするくらい軽いです。

おもちゃかな?って思うくらい。これに1TBも入っちゃうんだからすごい(GBのROMは1MBやで!)(1,000,000倍て)

転送速度も爆速で、USB3.1でWもRも実測500MB/sくらいです。内臓HDDより速いもんな…。

ちなみに本体側の端子はUSB Type-Cで、今回はiMacと繋いだのでType-C to Type-Aケーブルを使いました(付属)

Type-C to Type-Cケーブルも付属してるし、至れり尽くせりです。

 

まあ褒めちぎったけど、今なんか密林でめっちゃ安い(18/9/11時点で¥36,178)のでポチるチャンスかも。ほんの1週間前までほぼ4万だったので。

残念ながら500GBは元の値段に戻ってるっぽい…(それでも安いけど)

commune310 summer 2018

このブログに告知とかを書いていくつもりはないんですが、今回に限っては。

事後報告だしね。

bassmicrobeさん企画のcommune310 summer 2018コンピにosirasekita名義、Hanabiというトラックで参加しました。

 

このcommune310シリーズは、自分のめっちゃ好きなトラックメイカーの方々が今まで名を連ねて来たお祭りコンピアルバムなんです。

Stereoman氏のEUREKA

KOTONOHOUSE氏のsea grapes

Oblongar氏のIt’s too late!(これはmashupでも使わせていただいた)

などなど(こうして並べると自分の趣味がわかりやすいな)。

その中に名を連ねちゃったのですよ!!!!(テンションわからんくなってきた)

今回はフリーのコンピなのでぜひにダウンロードして、今の時期に聴いて欲しい!!

でも冬に聞くのも最高やと思うのです。夏のアニメって冬に観たくなりませんか?

夏に対してノスタルジックで特別な気持ちを持ちがちなのは”夏休み”があったからなんかなとか考えます。

 

8月もそろそろ終わり。夏の終わりって大好きだけどメンタル的に一番苦手な複雑な時期。

コンピに参加した話が自分の夏に対する気持ちみたいな話になっちゃったけど!

 

あ、Hanabi聴きながらそんなこと考えてくれたら、作った甲斐があったというものです。

今年の夏は、豊郷小学校へ。

年1の聖地巡礼ブログみたいになってきた。

今年はけいおん!の舞台である豊郷小学校に行ってきました。

初めての巡礼だったのもあり、いろいろと感極まってほえーってなっていたので写真は少なめです。

DSC04665

当時親に隠れてこっそり買ったあずにゃんのねんどろいどと共にお届けします。(今は部屋に飾ってある)

学校の目の前に車も置けて、自転車用のバイクラックもあったりと来訪者には優しい場所でした。(アクセスは別)

DSC04669

DSC04671校舎に入るとおなじみの階段が。「じゃあ私、生徒会行くね」

DSC04676

3階まで登って、音楽室へ。

DSC04682

奥のオルガンはちゃんと弾けました。ふわふわ時間の楽譜が置いてあった。

DSC04684

あずにゃんのコップ(手作り)。食堂上のいっぱいグッズ置いてあるところに製品版も置いてあったけど、これいまやプレミアついてて手に入りません…。

DSC04685

ちなみに音楽室内に大きめの扇風機が2つあったものの、校舎内は温室と化していてめちゃくちゃ暑かったです…。巡礼するなら季節のいい時がオススメ

DSC04687

音楽室を出て正面側が屋上。ここら辺の場所の関係って来てみて初めて理解できて、すごくグッときました。

DSC04700

講堂は正面から見て校舎の右側に。写真は憂になりきって撮りました。ここから見守ってたんやな…。

DSC04709

ここらで暑さの限界がきて食堂へ。講堂の反対側の建物で、ここは冷房が効いてます。

DSC04715

注文カードをささえるにゃん。

DSC04718

「カレーのちライス」と「クリームソーダ」

このコップうちにもあったわ…(多分5周年の時の一番くじ)

DSC04720

さっき話にでてきたグッズとかがいっぱい置いてある所です。

マッチングヘッドのムスタング、やっぱいいな。

当時のspoonとかアニメディアとかもあってかなり長い時間ここにいました。

DSC04731

純ジュワ~щ(゚д゚щ)

DSC04733

“澪ホン”ことK701。ちゃんとMade in Austria。(今はチャイ製)

うちのやつ完全にパッドがへたっちゃってるけど、左右で5000円超えるから未だに買ってない。(めちゃくちゃ好きな音)

この後お土産売りばでラババンとか買って、帰路へ。

DSC04752

また来年。(いや冗談ですよ)

最近よく使うVDMXの切り替えエフェクトを共有

VJを初めてそろそろ1年。

つまりVDMXに出会って1年、日に日にプロジェクトを弄りちょっとずつですが自分なりの使い方ができてきたので共有します。


・ShakeとMotion Blurを組み合わせた切り替えエフェクト 

自分はBass MusicとアニソンがごちゃまぜになったパーティーでVJをすることが多いので、どちらかというと派手めな、切り替え多めなVJをよくします。

そのときただ単に切り替えただけでは迫力にかけるため、今回紹介するエフェクトを組んだ次第です。

moto

実際つくるエフェクトがこちらです。切り替え時のほんの小さな効果ですが、プレイ時にあるとないとではかなり印象が変わります。

また、連打することやパラメーターを変更することでもっと大きくブラしたりもできます。


・作成手順

スクリーンショット 2018-01-18 8.05.41

今回はVDMXデフォルトの2チャンネルミキサーから作っていきます。

まずは切り替えるレイヤー2つをグループに。このグループにエフェクトを追加します。

もちろんShakeとMotion Blurを追加するのですが、この2つを制御するLFOを仕込みます。

スクリーンショット 2018-01-18 8.06.34

Waveformをこのような形に、RateをMAX(8.00)にLoopをOnceに変更します。

スクリーンショット 2018-01-18 8.07.12

FXセクションに戻り、Shake、Motion Blurを追加、それぞれのON/OFF、magnitude、inputRadiusにLFOのWaveformをアサインします。

0110

この状態でLFOの繰り返しボタンを押すとこのように一瞬のブレとブラーがかかるはずです。

LFOの線の飛び出た部分だけでShakeとMotion Blurが反応しています。

スクリーンショット 2018-01-18 8.09.48

最後にクロスフェーダーのCutにもLFOのWaveformをアサインすることで完成です。


・完成

021

このボタンに好きなMIDIコンをアサインして連打してください(自分はXboxのコントローラを使っています)

022

また、Wavefromの線を変更することで、ブレ具合、大きさを変更することができます。


・まとめ

自分はこのエフェクトを4レイヤーで使っています。同時に使うわけでは無いので、自分の環境ではかなり連打しても重くなることはないです。

その他のFXとの組み合わせでもかなりかっこいい映像が作れるので、ぜひ活用してみてください。